酒を飲んで痩せるなら太る理由を知っておく

ビールのカロリー

酒を飲んで痩せるぞと思うのなら、まずは酒で太る理由を知っておく事がダイエット成功への近道となります。
どうして酒を飲むと太ってしまうのかというと、大体の場合、食前や食事中に飲んでいるからですね。
例えば食前にビールを飲んだとします、さらにそこで何か一緒に軽く食べていたりすると、その後に食事をしたらカロリーオーバーなのは当たり前です。
モチロン、食事中に酒を飲んでも、食事に酒のカロリーが上乗せされます。
結局の所、酒を飲んで太ったというより、普通に太るカロリーを摂取していただけなのです。
言い換えれば、単純に食べ過ぎているのと同じというわけですね。
この点を踏まえると、酒飲んで痩せるのなら、飲んだ分食事の量を減らせば良い事がわかってきます。
太りそうになって慌てて酒を飲むのをやめると、ちょっと危険だったりします。
これまで酒が入って食事をしていたのだから、酒をやめると胃が物足りない感覚に陥るのです。
すると、当たり前ですが食べ過ぎに繋がります。
はい、これが酒をやめて太ってしまうパターンの1つですね。
私自身の体験なのですが、かつてお風呂上がりのビールの後、夕食という形だったのを、ビールだけカットして、さらに太ってしまいました。
ええ、何だかやたら食事が物足りなくなって、タップリと食べちゃったわけですね。
下っ腹がぽこっと出て、最初に下腹痩せダイエットしたくなった瞬間でした。
この時わかったのは、1本だけのビールとかだったら、食事量を減らしたい時に上手に使えば、良い結果に繋がるという事です。


酒を飲みながら痩せる時の食事について

酒を飲みながら痩せると決めたら、食事の見直しを行うべきです。
まず、酒自体のカロリーは、飲みすぎると高いけど1〜2杯なら大した事ありません。
ただ、糖質が体脂肪を増やす鍵になっているのです。
この糖質を摂取したら、次に太りやすい食べ物が体内に入ってくると、体脂肪の増加を促してくれます。
正しくは血糖値が上がる状態になってしまい、身体が栄養を激しく吸収する準備が整うイメージですね。
そこで食事は、糖質、油物を控える事が重要となってきます。
酒を飲みに外へ行くと、ラストにご飯系や麺類が登場するという悪循環に陥ります。
挙げ句の果てには甘いデザートまで出てくる始末。
こうなると、身体に脂肪を蓄えろと言っているようなものです。

タンパク質と野菜中心に食べる

そこで、酒を飲んで痩せる時は、食事をタンパク質中心にしていきます。
魚、肉、豆腐などを中心に食べて、野菜も沢山食べたい所です。
そしてご飯と麺類、さらにフライなどの揚げ物を少なめにします。
当然ながら、酒も大量に飲みすぎると、カロリーオーバーするので飲みすぎには注意ですね。
しかも飲みすぎは、カロリー以外に身体へのダメージも蓄積されます。
また、毎日酒を飲んでいる人は、数日に1度は飲まない日を作って、身体を休ませる事も重要です。
肝臓への負担を抑えて、健康を維持して痩せるというわけですよ。

酒飲んで痩せるならおつまみを選ぼう

酒を飲んで痩せる事を目指しているなら、おつまみを上手く選ぶと良い事があります。
まあ、朝とか昼間っから酒を飲む人がダイエットするとか思わないでしょうから、夜に飲む事前提で話しますね。
夕食の前に軽く1杯飲むなら、おつまみのチョイスが結果に大きく影響を与えます。
ここでいきなり太りやすいスナック菓子などを選ぶと良くないのは、誰にでも想像が付きますよね。
脂肪って最初に下腹周辺に付きやすいから、すぐに下腹痩せに興味が出てしまうのです。
では、実際に酒を飲みながら痩せるには、どんなおつまみを選べば良いのでしょうか?
ここでは太りにくく、さらにお腹持ちが良いものを選んでおきたいです。
こうすると、後で食べる夕食の時、あまりお腹が空いていないので、食べ過ぎる可能性が下がってきます。
低カロリー云々よりも、お腹持ちを重視という感じです。

スルメはダイエット食

オジサン達に人気のおつまみであるスルメですが、これは超使えます。
高タンパクで低カロリーなのに、やたらお腹持ちが良いのです。
だから、スルメは普通にダイエット中のおやつにも使えます。
まあ、臭いとかは、気にしちゃ負けですね。
あと、酒を飲みながら痩せるのなら、チーズなどの乳製品もありです。
乳製品を飲む前に胃に入れておくと、アルコールの吸収を抑制してくれます。
これはおつまみと言うよりは、飲む前に食べるという感じですね。
また、オイル抜きの魚の缶詰なんかもお腹持ちとカロリー面からおすすめです。
こうやって上手に飲んだ後の食事に繋げていきたいですね。

酒で痩せたいなら水を飲もう

お酒を飲んだら水を飲もう

酒で痩せたいと思うなら、水も飲む事が、とても大事になってきます。
酒を飲むと、体内から水分が多く奪われてしまいます。
飲んでいるのに水分がなくなるとか不思議に思うかもしれませんが、酒は水分補給にはならないのです。
だから、酒を飲んだら水を飲む必要があるのです。
翌日に酒を残したくないなら、飲んだら飲んだ倍くらい水を飲む気でいた方が良いですね。
酒を飲みながらダイエットしたい時に、二日酔いで頭痛がヤバイとかじゃ何もできません。
痩せたいとか思う以前に酒を飲むなら水分補給を頭に入れておきましょう。
でも、実際に飲み会とか行くと、飲み食いした後で沢山の水を飲むとか難しいです。
お腹がいっぱいなのだから、水なんて飲めませんよね。
そんな時は、少し時間をおいてから、たっぷりとミネラルウォーターをがぶ飲みしましょう。
むしろ、1時間程度後の方が、胃にも良かったりします。
何故なら、食後に水を沢山飲むと胃液が薄まって、消化が遅れるからですね。
普段の食事中も、コップ1杯程度の水に抑えておいて、食後時間が経過してから水分補給した方が良かったりします。
ちょっと消化不良気味だと思っている人は、水の調整を試してみる価値があるかもしれませんよ。
そんなわけで、とにかく酒を飲んだら、水をいっぱい飲む事を忘れないようにしてくださいね。

 

トップページへ戻る