ラーメンで痩せるにはインスタントが意外とイケる?

袋麺を上手に使ってダイエット

ラーメンで痩せるなんて、普通は考えるはずがありませんよね。
とりあえず、ダイエットを始めるなら、最初の段階で除外する食品の1つがラーメンでしょう。
確かに有名店のやたらこってりしていて、沢山の具が乗りまくっているラーメンは、超高カロリーです。
下腹痩せたい時に思わず外食して、気付いたらお腹がぽっこりなんて事は少なくありません。
でも、気軽に食べる事ができるインスタントラーメンだったらどうでしょうか?
ちょっと高い高級カップ麺になると、それなりに高カロリーだったりします。
でも、5食パックとかで安く購入できる袋麺だと、そうでもないのです。
どんなラーメンでも痩せる事を前提に考えると、白飯やチャーハンなどと一緒に食べる事は御法度。
モチロン、餃子や唐揚げなどとセットで食べるのも危険です。
これらラーメンと一緒に食べると、やたら美味しい中華料理達は、体脂肪を蓄える大きな要因となります。
炭水化物の重ね食いとか脂質が多いメニューとの組み合わせは、体脂肪の大量増加に繋がるわけですね。
ダイエットの基本は、カロリーコントロールと、如何にして身体に脂肪が貯まらない状態へ持っていくかです。
ここまで来て、初めて今行っていない運動を取り入れると、健康的に痩せる方向に進むのです。
そこで、まずは多くの人達が思っているよりも、それほどカロリーが高くないインスタントラーメンを選ぶ事から始めるべきなんですよね。
ラーメンで痩せる事なんてできないという先入観は、とりあえず置いておくと、面白い事がわかってくるかもしれませんよ。
では、ラーメンで痩せる方法を、もっと具体的に見ていきましょう。


ラーメンで痩せるなら袋麺をチェックしよう

ラーメンで痩せるのなら、まずは袋麺を選んでおく事がファーストステップとなります。
でも、闇雲に袋麺を選ぶのは、ちょっとよろしくありません。
まずはラーメンを選ぶ時には、カロリーを中心とした成分に注目です。
インスタントラーメンと言えば、何だか凄くカロリーが高そうで、速攻で太りそうですよね。
でも実際にカロリー表をチェックしてみると、意外な事実がわかってきます。
私が5食セットで安く購入する事ができたインスタントラーメンを見てみましょうか。

袋麺の成分が思ったより良さそう

最初の2つの画像を見ると、445kcalと394kcalとなっていますね。
しかも、意外とタンパク質も多く入っていて10g前後になっています。
はい、タンパク質はダイエットで筋肉が痩せちゃわないようにする手助けをしてくれます。
例え痩せても、脂肪だけでなく筋肉も一緒に減ると、身体を動かすのが辛くなりますから・・・。
あと即席麺が、脂質も案外高すぎる訳でもないのが、ちょっと驚きますね。
1食16〜17g程度の脂質を3食摂取した所で、特に問題は発生しません。
むしろ、適正な脂肪摂取量とも言えるくらいです。
もはや、これだけを確認しただけでも、ラーメンを食べても痩せる事はできるのでは?なんて思ってしまいますね。
当然、カロリーの方も400kcal前後を3食とすると、余裕の低カロリーです。
さすがに栄養面を考えると、食事を全てラーメンしちゃ駄目ですけどね。

他の袋麺も同じくらいのカロリーだった

では、他の袋麺も確認してみましょうか。
このラーメンも、大体先程チェックしたものと変わりませんね。
カロリーは400kcalちょっとで、タンパク質は10gを少し下回る感じ。
そして、脂質は大体同じくらいです。
はい、やはりこれなら、普段コンビニ弁当を食べていたりする食事を、これらのラーメンに置き換えるだけでも充分カロリー減になりますよね。

ラーメン食べながら痩せる具体案

ラーメンを食べて痩せる時には、当然ですが基本的なダイエット行為は必要です。
これが下腹痩せ中なら、お腹を鍛え、平行して有酸素運動をやったりですね。
どんなダイエット方法でもそうですが、何かするだけで成功はしません。
ここで言うラーメンもダイエット中に食べる食事の1つという認識を持つ事が重要です。
綺麗に痩せたい時の食事は、朝が一番多く昼から夜になるにつれて少なくしていきます。
そして寝る時間に近付くにつれて、炭水化物のような活動エネルギー系の食品を減らします。
だから炭水化物が主体のラーメンは、朝か昼に食べた方が良いのです。
しかも、袋麺だとカロリーが高すぎないものが多いですし、料理的な意味でアレンジが効きます。
カップ麺にも袋麺と同等のカロリーのものがあります。

袋麺に野菜を入れて満足感アップ

でも、中に野菜を沢山入れたりするのが難しいから、アレンジしにくいですね。
そこで、袋のインスタント麺に野菜をいっぱい入れて、満足感と風味もアップさせていきます。
テキトーにコンビニ弁当とか選ぶと、あっという間に800〜1000kcalとか行っちゃいます。
でも、上手くラーメンを活用すると、500〜600kcal程度に収まるから驚きです。
しかも、野菜タップリで、それなりに栄養のバランスが取れてしまいます。
まとめると、どうしてもラーメンが欲しい時に朝か昼のどちらかでラーメンを食べます。
その時、外食にはせずに、袋麺を使って野菜を多く入れて作るのです。
そこでスープを半分以上残せば、さらに摂取カロリーを減らす事ができる感じですね。
そして夜は、炭水化物となる白米や麺類を半分以下にして、野菜とタンパク質中心にするわけです。
この食事方法で、今までやってこなかった運動を取り入れていくと、ラーメンを食べても痩せる事が、思ったよりも楽にできる可能性が上がります。

 

トップページへ戻る