ツナ缶がダイエット向き食品な理由

ツナ缶はダイエットする時に、とても役に立つ食品として、かなり昔から活躍しています。
体重調整が大事な競技に出るアスリートや、体脂肪にシビアなボディビルダー達も愛用しているのです。
そんなツナ缶が、どうしてダイエット向きな食品なのかを解説します。
私はシーチキンをよく食べていますが、ダイエットに使えるとは思えないくらい美味しいです。
そんなツナ缶が嫌いだという人は、あまりいないのではないかと思うくらいです。
最近、近くのスーパーで安売りしていたので、まとめて買ってきたシーチキンLですが、しっかりとカロリーも書かれてありますね。
ここまで堂々と表記されていると、ダイエットを意識している者としては嬉しい限り。

ダイエットに役立つツナ缶は優秀な食品

でも、349キロカロリーって、ちょっと多い気がしますね。
しかも、これはノンオイルじゃありません。
ツナ缶はオイル無しを食べるのがダイエットの常識とされています。
でも、このまぐろの油漬でも、工夫すれば割と良い感じにダイエットに使えます。
それ以前に、このツナ缶、かなり大きいんですよね。
だから、これ単体で食べても、普通に満足感が大きいです。
だから、別に油抜きで食べなくても、食事が349キロカロリーで済んじゃうわけですよ。
それでいて、ダイエットの時に重要な栄養素、タンパク質を沢山摂取できるのが素晴らしいです。
その上、色々な料理との相性が良く、さらに美味しいのだから、ツナ缶は万能ダイエットフードと言ってもおかしくありませんよね。
あと、ついでに安価で手に入る点も最高です。

ツナ缶の成分をチェックしてダイエットに繋げよう

タンパク質を超効率的に摂取可能

ツナ缶は、とにかく高タンパク質なのに、割とカロリーが低めなのが特徴です。
成分表を見るとわかりますが、1缶の中に26.5グラムもタンパク質が入っています。
これは、プロテインサプリを1杯飲むか、それ以上の量です。
筋肉を維持しながらお腹のぷよぷよを減らすには、タンパク質は必須。
ついでに炭水化物に注目すると、僅か0.1グラムです。
だからこそ、色々な人達にダイエット食品として使われているんですよね。
それでも、多くのダイエッター達は、オイル無しのツナ缶を使用しています。
でもあれって、はっきりって美味しくないのです。
だから、私はシーチキンLのようなオイルが入っているものを食べています。
脂質を見ると、26.9グラムとか書いてあって、少し心配になりますよね。
これでは全然ダイエットにならないのでは?と思われるかも知れません。
でも、このツナ缶は、オイルが大豆の油なのです。
だからといって、過剰に摂取すると、当然体に良くありません。
そこで、食べる前に油を捨てます。
フタを微妙に開けて、そこから垂らして捨てる感じです。
すると、オイル入りツナ缶が、割とノンオイルに近付いたものに変身します。

カロリーも激減していると思われ、しかも中途半端にオイルが残るので、味もそんなに悪くありません。
あとは、GI値が高くない食品を組み合わせて、ダイエットの進行具合と相談しながら食べるわけです。
例えば、オイルを捨てたシーチキンLと野菜サラダを食べたり、白米の代わりにパスタを食べたりするのです。
あと、サツマイモとの組み合わせも良いですね。
ただ、間違えてもジャガイモでポテトサラダを作り、ツナ缶と一緒に食べるのはやめておいた方が良いです。
ダイエット中に芋を選ぶならジャガイモよりサツマイモですね。


ツナ缶をダイエット中は間食に食べる手もある

おやつにツナ缶を食べるのもあり

ツナ缶をダイエットに使うのは、とても良い方法だとわかりました。
でも、基本は食事の時に使うのですが、実はおやつ、間食に食べるなんてやり方もあるのです。
シーチキンをおやつに使うとか、普通だったら考えつきませんよね。
でも、思わず午後、お腹が空いてしまいポテチなどのスナック菓子を1袋食べてしまうと、どうなるかは予想が付きます。
あれは、普通のラーメンを1杯食べたのと同じくらいのカロリーがあって、さらに栄養価がほとんどありません。
それだったら、オイル入りのツナ缶を食べておいた方が、思いきりマシなのです。
摂取カロリーも減らせますし、多くのタンパク質を摂取する事ができます。
普段、お菓子系の間食をしていた場合、この方法はかなり効果が出ます。
タンパク質摂取量が増えたら、今度は少しずつ運動にチャレンジすると、もっとダイエットが進むはずです。
何故なら、筋肉に刺激を入れてタンパク質を多く摂ると、筋力アップに繋がるからです。
筋肉が強くなると、どうしてダイエットが有利になるのか?
それは筋肉が強い部分は、体脂肪が少なくなるからです。
筋肉は食べたもの以外に体脂肪もエネルギーとして使ってくれます。
だからこそ、ツナ缶のような高タンパク食品がダイエットで、大いに活躍してくれるわけですね。
ダイエット中の食事は、それまで脂肪に変わっていたものを正しく変えていく必要があります。
間食で脂分が多いだけのお菓子類を食べていたなら、高タンパク低カロリーの食品に置き換えるわけですよ。

ただ、それだけでも大きな進歩となります。
当然、間食無しにする方が、ダイエット的には良いのですが、段階を踏んだ方が成功率は上がるのは言うまでもありませんね。

 

トップページへ戻る